趣味のプログラム工房

ハードウェア

AirStation WXR-6000AX12S 使ってみてレビュー

AirStation WXR-6000AX12S 性能は文句なし。

我が家では残念ながら10Gbpsのインタフェース性能を試す環境はない(2.5Gbpsまで)ですが、ネットでは、ネットで3Gbpsでたとかあるので、まあ、問題ないでしょう。

無線も、200axのカードに換装したノートで2.4Gbpsリンクで500~600Mbps出ている状況。
うーん、もうちょっと出てもいいかなと思うけど、以前のルータ(acでの接続)と比べたら、倍出ているのでこんなもんでしょう。
(多分のノートPCのアンテナの問題)


ハードスペック以外のところはなんか微妙。
やはり、再起動が遅い。
設定変えると、いちいち再起動。その設定で再起動いる?!って感じのところとかも。

内部に時計なし。。。
これは、違和感満載。
再起動すると、時計が、2020/10/1になります。その後自動的にNTPで補正はされますが、、ログに時間的な連続性がない。
かつ、ログが全部消える。(まじか!)

ログを保存するためには、別途syslogサーバを立てるか、USBデバイスに保存するしかないようです。
(我が家はUSBに保存するようにしています)


原因不明の再起動が発生。
サポートに聞いたら、電源足りてないんじゃね?って回答が。
うーん、、、タコ足をやめろとのことですが、、、まあ、試してみるか。


なぜか、USBのNASにアクセスできない。
有線でSW経由でつないでいるwindows10からだけ不可。
ほかの、無線のPCとか、そのPCで有線でつないでもいけるのに、、、
これも、原因不明。。
LinuxのNASにはアクセスできているから、もう、ほんとわからない。。。
ルータの管理画面にはWEBでアクセスできるので、ネットワーク的にはつながっているのですが。。。

もう、設定しなおす気はないけど、OCN光で手動での接続(ipv4での接続)ができない。
何故か、「PPPoEクライアント機能を使用する」からうまく設定ができないんですよね。。。
「インターネット@スタートを行う」からの「OCNバーチャルコネクト」でつながっています。
相性があるのかな?
これを考えると、プロバイダ移行は怖くなってくる。


USBデバイスですが、
USB3.2モードを有効にしないと、USBメモリが認識しない。
なんだろ、、電力不足とか??

あと、勝手に再起動現象の弊害か、ファイルシステムが壊れる現象が、、、
ルータで認識しなくなったから、パソコンにつないだら、修復が行われました。


でも、機能面(カタログ的)では、
メディアサーバ機能や、USBデバイスサーバをはじめ、
ルーティングの設定とか、QoSの設定、ポート転送とか、NAT関係、
いわゆるルータの機能も豊富なので他メーカーのように、
スイッチ・APレベルに、インターネット接続機能が付いたってモデルに比べると格段に使えます。
なので、後悔は少ない。
こっちの商品はルータに、無線LAN機能が付いたって感じ。
家庭用機器で無線LAN機能がないルータが皆無な現状、純粋なルータとしてこの機器を買うのもあり。
将来的に、もっといい無線LAN親機がでても、10Gbpsインタフェースがあるので、、次買うときはルータはこれを使うことを前提に、AP機能だけの安物無線親機でよいのでコスパもよいですね。





2021年03月28日


AirStation WXR-6000AX12S 購入!

5年ほど前に購入したAterm WG2600HPからの乗り換え。

AirStation WXR-6000AX12Sは今市販されている機器の中でも最高峰の製品です。

11ax対応と、無線LAN機能ならば、同等レベルの製品はいくつもありますが、
10GbE×2はほかにはありません。

ソフトウェア的にも一通り、ルータの運用に困るような感じではなさそうで不自由はありません。
(以前、中継用に購入したWRC-733GHBKは比較的安かったけど、静的ルーティングもできずに困った)

無線LANの性能は、、intel 200AXのNICからアクセスして、500Mbpsくらいの速度が出ました。(近くで)
iperfコマンドで測定しているので、多分、ちゃんとはかれているはず。(優先だと、1Gbpsちかく出てるし)
全体的にみても、今までの倍くらいの速度が出るようになった印象です。


あと、インターネット接続については、
「OCNバーチャルコネクトモード」での接続ができるようになったため、
なんとなく早くなった気がします。
ただ、なぜか、手動での接続、IPv4での接続ができないため比較できません。
WXR-6000AX12Sでの手動でのipv4での接続設定がうまくいきません。。。

仕方なく、自動で、OCNバーチャルコネクトモードでつながっています。
(ベストなんだけど、釈然としない)


さすが高かっただけあって、満足度は高いです。
ただ、設定をするたびに再起動とかが発生するのですが、その待ち時間、再起動の時間が長い。
まあ、最初だけなのでいいのですが。

このルータはおすすめです。10GbE搭載なので、長く使えるはずです。




2021年03月17日


Lenovo IdeaPad Flex 550i core i5 1135G7 レビュー!

Intel Core i5-1135G7搭載の2in1ノートPC 「Lenovo IdeaPad Flex 550i」が届きましたので、早速のレビューです。

ノートPC用CPUですが、流石は最新のCore i5
第8世代のPentium Gold G5400とは3倍くらいの性能差があるようです。。。

グラフィックにも最新のIris Xe Graphicsが搭載されているので、これまでのグラフィックよりも格段に性能が向上しています!


Lenovo IdeaPad Flex 550iですが、
少し、値段が安い、「ThinkPad E14 Gen 2」とも迷ったのですが、
メモリの性能がシングルチャネルで性能が低いのため、グラフィックの動作においてはボトルネックとなる。
らしいので、やめました。
(IdeaPad Flex 550iはメモリ 4GB×2のデュアルチャネル)

あとは、普通に2in1に憧れがあったのと、
デジタルペンが付属しているのが魅力的でした。

ただ、ThinkPad E14 Gen 2と比べた時のデメリットとしては、
Thunderbolt4に非対応
Wifi 6に非対応となります。

Thunderbolt 4に非対応がちょっと残念。。。




2021年03月13日


Lenovo IdeaPad Flex 550i購入!

楽天Rebatesのポイントバックの20%を利用して「Lenovo IdeaPad Flex 550i」を購入しました。

IdeaPad Flex 550i 14型 (第10世代インテル)とは書いてありましたが、
中身は、「Intel Core i5-1135G7」が入っているモデルで、プレミアムWEEK価格も適用され、お値段66,176-
これに、楽天のポイント還元が入るので、実質、53,000円ほど!

同じような値段で、「ThinkPad E14 Gen 2」もありました。
ThinkPadはThunderbolt4対応、なにげに、Wifi6対応という利点がありますが、
IdeaPadはThunderbolt3にも対応していませんが、2 in 1で使える。
モニタがタッチパネルに対応しているという利点があります。
あと、Lenovo Digital Penが付属しています。

第11世代のCPUになって、グラフィックが大幅強化されたので、選択肢に入ってきた感じですね。

この商品は、セール用か納期も短い(カスタマイズができない)ので、届くのが楽しみです。



2021年03月07日


Ewin キーボード ワイヤレス タッチパッド

家のLarkBox用に小さいワイヤレスキーボード・マウスが欲しいということで購入!

つーか、本来は、LarkBoxを購入したときに、もらえるはずだったおまけを普通に買った感じです。(少し製品は違うけど)
なんか釈然としない。



ま、それはそれとして。

購入時に、Bluetooth版にしようか、どうしようか迷ったのですが、
値段の関係で、USBレシーバーのほうを購入しました。

うーん、「全角/半角」のキーがないので、入力の切り替えがうまくいかない。
ちょっと工夫が必要ですが、それ以外は思ったより使いやすいです。

小さいのが逆に使いやすいです。
おすすめ。

2021年03月01日


Acer AOPEN ゲーミングモニター [24MX1bmiix] 1ms Free Sync 24インチ

楽天スーパーセールにて購入しました。
Acer AOPEN ゲーミングモニター [24MX1bmiix] 1ms Free Sync 24インチ

目的は、、、ダイニングテーブルにおいて、テレビ(PCで再生)することなので、スピーカー付きで、動画に強そうなゲーミングを選んでみました。



VESAのアームで設置し、さらに、動画を見るためのLarkboxを後ろにつけています。



ちなみに、スピーカーはしょぼ過ぎて、追加購入しました。
PCモニターにスピーカーはよほどの理由がない限り不要です。
よほどの理由がない限りは外付けにしましょう。(経験談)




モニタは、値段の割に良いです。
視野角も良好、変な色もない。映像の遅延も感じません。
値段・画質については満足です。



2021年02月13日


Sphero edu を購入!

Sphero edu


ちょっとお高いおもちゃです!
これ、意外とクオリティ高い。面白いです。

公式アプリでゲームとか、いろいろあるけど、意外と面白い。
ちゃんと動くので感動です!

プログラミング用のアプリもあって、いろいろできます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Sphero(スフィロ) SPRK+ K001JPN
価格:14190円(税込、送料別) (2020/12/8時点)






2020年12月08日


LarkBox用外付けSSD USB3接続

持て余してる、LarkBoxをLinuxとデュアルブートするように外付けのSSDを購入しました。



軽く、ベンチマークとってみたところ、リードで400MB/s
内蔵のeMMCの倍ほどの速度です。

SATAのSSDなので、まあ、こんなものでしょう。
期待通りの速度で満足です。


内蔵eMMCのwinは放置して、SSDのほうに、Linuxをインストールして、
必要な時だけ、繋げてブートさせる予定。
。。。そうそう必要な時なんてないんですが。


ほぼ、やってみることが目的です。

2020年11月12日


Xiaomi mi note 10 lite用ガラスフィルム

Xiaomi mi note 10 lite用ガラスフィルムの紹介です。
以前使っていた、UVレジンで張り付けるタイプのガラスフィルムが剥がれてきたので、付け替えです。

前のも悪くはなかったのですが、どうもUVレジンが湿気に弱い。
なんか、水で溶ける。。。
普通、レジン水に溶けないんだけどなぁ。。。
かなり長い時UVを当てても変化なかったので、作業のミスではない。
可能性としては、レジンの粘度を下げるためにに水が混ざっていた可能性があるけど、、、うーん。
ちなみに、amazonのレビューには剥がせないって書いてあるけど、普通にはがせるので安心して使えます。


で、今回買ったのは、普通のタイプ。

ちゃんと曲面になっていて、ほぼ全面カバーされています。
必要十分で文句なし。
あと、空気の抜けはピカ一。気泡は皆無です。入っていても簡単に抜けるので気にする必要はなし。
なんとなく、埃についても多分それほど神経質にならなくてもよさそう。

ただ、サイドを曲面に合わせる必要があるので、位置はかなりシビア。
ちょっとでもズレると確実に浮きます。
私は、幸い比較的きれいに貼れ、浮きも極々僅かしかなかったので満足していますが、たぶん、貼り方次第では十分失敗はあり得ると思います。
私の場合は、角2か所(対角)がよく見ないとわからない程度の浮きが出ているので、おそらく、僅かに斜めになったと思われます。

触った感じの質感は、やっぱりガラス!かなり良好。
一応、油抵抗コーティング処理がされているということですが、これは、前のほうが性能よかったかな。

あと、画面内指紋認証ですが、ギリギリ可能。(登録で何度か失敗しましたが、一応いける)
失敗も増えたので、使い勝手は悪いのですが、、、一応使えます。
ガラスフィルむの他製品では、指紋のところだけくり抜いてある、素材が違うというのもよく見ますが、これは全面ガラスで、デザイン性は文句なしというなかで、多少使い勝手が悪くなる程度は許容範囲。

ガラスの曲面フィルムで全面保護、指紋認証も可ということで、
品質は十分だと思います。
十分お勧めできる製品です。



楽天にも同じ商品があります。(私は楽天で購入してます)


2020年11月07日


VirtualBox ネットワーク性能

2.5GbEのNICが手に入ったので、VirtualBox上に構築しているルータ兼FW(sophos FW)で利用できるのか実験。

うまくいけば、2.5GbE対応ルータ・SWが構築できるともくろんでいたのですが、、、
そもそも、VirtualBoxでのネットワーク性能が低すぎて検証ができず。

PC間直結だと、2Gbps以上の速度が出るのですが、
FW(virtualbox)を通すと、360Mbps程度となってしまう。。。
仮想ではなく、物理で組まないとだめなのかな。
ただ、それだとドライバの問題的に、2.5GbEのNICが使えない可能が高く、
なかなか試せない状況です。

一応、アダプタータイプは、準仮想化ネットワーク (virtio-net)を選んでいますが、そこまで性能は上がらず。(他と比べると、2割くらいは早いが)

2020年10月11日


次へ