趣味のプログラム工房

ハードウェア

ThinkPad USB3.0 pro dock(40A7)をスマホと接続!

主にスマホ(android)用のDockとしてlenovoのThinkPad USB3.0 pro dock(40A7)を購入しました。



というのも、このドックには、DisplayLinkという会社のグラフィック用のチップが入っていて、スマホ(android)の画面をディスプレイに映すことができるんです。



普通、スマホの画面を外部出力するとなると、ハードウェア側がDP ALT modeに対応していないといけない(高級機でしか対応していない)のですが、このドックを使うと関係なく出力できるようになります。

amazonとかには、このチップが搭載されたディスプレイアダプタがいくつかありますが結構高い。
それに、lenovoのほうは外部電源で使えるため、スマホの電力を使わないのがいいです。
そんななか、このLenovoのドックは、、ヤフオクで3000円ちょい。

ただ、動画とかだと画質はちょっと崩れる。
これは、DP ALT modeとかの接続とは違って、画面をキャプチャして、アダプターに流す性質のものだから仕方がない。
動きがあまりないのならそんなに気にならないので、満足です。




2022年08月02日


USB機器をBluetooth化 8デバイス切り替え

キーボード、マウスを複数のPC、スマホで切り替えて使いたい
ということで、今回購入したのは、これ!


AliExpressにて購入しました。
Amazonにも全く形は同じ製品がありますが、全くの別物。
amazonのは魅影などと書かれているやつで、これはキーボードでスマホゲームを操作する専用のデバイス。
残念ながら、USB機器をBluetooth化する製品とは別でした。(安かったので間違えて買ってしまったorz)


さて、購入した写真の本命のほうですが、普通に使えます!
切り替えもばっちり。

これが3000円切ってるならまあまあかな。
日本でも普通に売ってほしい。



2022年05月25日


Xiaomi Mi 11 Lite 5G購入!!

毎度おなじみの、OCNモバイルのスマホセットセールでXiaomi Mi 11 Lite 5Gを購入しました。
前回(4月に買った)のOPPO A73とは違い、これは、メインとして使う予定です。

楽天市場(goo Simseller)での購入でポイント還元を考慮すると、公式サイトで買うよりも安く購入できたかと思います。
15800円の色々合わせて8%程の還元かな。
10/20の朝に注文して、10/23には受け取りができました。

今メインで使っている、Mi Note 10 Liteからの乗り換えとなりますが、
感想としては、、、大満足

基本的には完全上位互換
しいて言えば、バッテリー容量が若干低下、
指紋認証が画面内からサイドになったくらい。

それ以外の面では、CPUが
SND 730→780G と大幅アップ
本体重量は、200gオバー⇒159g と大幅軽量
おサイフケータイも搭載。
ディスプレイも若干きれいな印象。
画面がくっきりでシャープ、にじみが少ないです。

使用感としては、単純に性能がアップしたせいか、操作性はよい。
あと、画面内指紋認証からサイドになりましたが、これも意外と悪くない。
認証は早いです。(早いのが精度がいいのか逆に適当なのかはわかりませんが。。。)

この機種を機に、おサイフケータイ・・・モバイルSuicaに変えましたが、
思った以上に、かなり快適。
もともと、Viewカードからのオートチャージを設定していたので、同じように使えますし、改札やコンビニでの読み取りもスムーズで快適です。
かなり軽いのもポイント高い。

ほんと、欠点はないですね!!
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gマジおすすめ。

ただ、欲を言えば、余分なアプリが多いことかな。
miアカウントとか、デバイスを探すって使わないから消したい。
あとmi connectとかずっと裏で動いているっぽいし、
もうちょっとユーザーに配慮が欲しい。

とりあえず、fastboot toolsというツールを使い、消してもよさそうなアプリは削除しました。
あと、ホームをいつも使っている、Nova Launcherへ変更。
ホームアプリの変更はやめたほうが良いという情報もありましたが、、
特に、不具合はなさそうです。
標準だとウィジェットのサイズが変えられないとか、不満も多いですが、
Nova Launcherは自由度が高く快適。
電池の持ちがという話もありますが、それって、5Gが原因だったりするのかなと思ったり。これはちょっと様子見。

さて、これで何年戦えるかな!




2021年10月27日


PC壊れた、、orz

PCで、アプリを立ち上げたらいきなり落ちて、以降、リブートを繰り返す。。

電源を落としてあげたら、ファンは回るけど、ディスプレイも映らず、ビープ音もならない状態。
電源変えたり、部品を一つ一つチェックしていったところ、どうも、原因はメモリっぽいことがわかりました。

4GB×4のうち、1枚認識しないものがありました。
メモリが壊れるのは初めての経験。
でも、元々4枚あったし、代えが効くメモリの破損で不幸中の幸いでした。

メモリは減りましたが、、まあ、それほど影響はなさそうで何より。


2021年08月28日


AirStation WXR-6000AX12S ファームウェアバージョンアップ Ver.3.21②

AirStation WXR-6000AX12S ファームウェアのバージョンをVer.3.21にしたところ、リブートはなくなったようですが、
[MAP-E] Keep-alive is lost.
となって、毎日決まった時間にネットが切れるようになりました。
(それでも、不定期に再起動するよりは遥かにマシ)

どうもv6プラスの機能が悪さをしているらしい
で、バッファローのお任せ機能である「インターネット@スタート」も悪さをしているらしいとのことで、ほかのサイトを参考に、IPv6の設定を「インターネット@スタート」からNDプロキシへ変更

とりあえずこれで様子を見てみたいと思います。


このルータに変えてから、v6プラスを使うようになってネット自体は早くなっているのでまあ、満足しています。



2021年08月08日


AirStation WXR-6000AX12S ファームウェアバージョンアップ Ver.3.21

7/12にAirStation WXR-6000AX12Sの新しいファームウェアが公開されていたので、バージョンアップしました。
リリースノート見た感じはただの品質向上っぽいけど、メッシュWi-Fi規格「Wi-Fi EasyMesh」への対応版ではないのか。
来月にもう一回くらいは、新ファームウェアの公開がありそうですね。


とりあえず、何事もなく、バージョンアップは終了。
突然の再起動がなくなるなど、動作安定することに期待しています。




2021年07月17日


DisplayLink USB ディスプレイアダプターがスマホでも使えた件

4年以上前に、USBパススルーで仮想マシンで使えないかと購入した
DisplayLink製のディスプレイアダプターですが、、、なんとスマホで使えることが判明。。。

DisplayLink Presenterというアプリをスマホに入れることでスマホのUSB端子経由でディスプレイ出力できることが判明。

マジか。



これを使ってますが、スマホで使えることを確認しました。

2021年07月04日


microSDXCカード SanDisk Extreme Pro SDSQXCY-128G-GN6MA

Nintendo Switch用にSDカードを物色して、
結果購入したのがこれ。

どうせならということで、少しだけ高いライン。

スペックとしては
UHS-I U3 V30 Rated A2対応 R:170MB/s W:90MB/s
とのこと。

実際にテストしてみた限りでは、
まず容量に問題はなし。

速度も、70MB出てましたのでほぼ問題ないようです。
というか、この上限はPC側(カードリーダーなど)のスペックが足を引っ張っていたと思います。。。


とりあえず、既存の16GBのカードからデータを移行して作業完了。
そういえば、SDカード使うときに更新しないと、microSDXCは使えないって言われたから、Nintendo Switchの更新を行いました。







2021年06月11日


AirStation WXR-6000AX12S 使ってみてレビュー

AirStation WXR-6000AX12S 性能は文句なし。

我が家では残念ながら10Gbpsのインタフェース性能を試す環境はない(2.5Gbpsまで)ですが、ネットでは、ネットで3Gbpsでたとかあるので、まあ、問題ないでしょう。

無線も、200axのカードに換装したノートで2.4Gbpsリンクで500~600Mbps出ている状況。
うーん、もうちょっと出てもいいかなと思うけど、以前のルータ(acでの接続)と比べたら、倍出ているのでこんなもんでしょう。
(多分のノートPCのアンテナの問題)


ハードスペック以外のところはなんか微妙。
やはり、再起動が遅い。
設定変えると、いちいち再起動。その設定で再起動いる?!って感じのところとかも。

内部に時計なし。。。
これは、違和感満載。
再起動すると、時計が、2020/10/1になります。その後自動的にNTPで補正はされますが、、ログに時間的な連続性がない。
かつ、ログが全部消える。(まじか!)

ログを保存するためには、別途syslogサーバを立てるか、USBデバイスに保存するしかないようです。
(我が家はUSBに保存するようにしています)


原因不明の再起動が発生。
サポートに聞いたら、電源足りてないんじゃね?って回答が。
うーん、、、タコ足をやめろとのことですが、、、まあ、試してみるか。


なぜか、USBのNASにアクセスできない。
有線でSW経由でつないでいるwindows10からだけ不可。
ほかの、無線のPCとか、そのPCで有線でつないでもいけるのに、、、
これも、原因不明。。
LinuxのNASにはアクセスできているから、もう、ほんとわからない。。。
ルータの管理画面にはWEBでアクセスできるので、ネットワーク的にはつながっているのですが。。。

もう、設定しなおす気はないけど、OCN光で手動での接続(ipv4での接続)ができない。
何故か、「PPPoEクライアント機能を使用する」からうまく設定ができないんですよね。。。
「インターネット@スタートを行う」からの「OCNバーチャルコネクト」でつながっています。
相性があるのかな?
これを考えると、プロバイダ移行は怖くなってくる。


USBデバイスですが、
USB3.2モードを有効にしないと、USBメモリが認識しない。
なんだろ、、電力不足とか??

あと、勝手に再起動現象の弊害か、ファイルシステムが壊れる現象が、、、
ルータで認識しなくなったから、パソコンにつないだら、修復が行われました。


でも、機能面(カタログ的)では、
メディアサーバ機能や、USBデバイスサーバをはじめ、
ルーティングの設定とか、QoSの設定、ポート転送とか、NAT関係、
いわゆるルータの機能も豊富なので他メーカーのように、
スイッチ・APレベルに、インターネット接続機能が付いたってモデルに比べると格段に使えます。
なので、後悔は少ない。
こっちの商品はルータに、無線LAN機能が付いたって感じ。
家庭用機器で無線LAN機能がないルータが皆無な現状、純粋なルータとしてこの機器を買うのもあり。
将来的に、もっといい無線LAN親機がでても、10Gbpsインタフェースがあるので、、次買うときはルータはこれを使うことを前提に、AP機能だけの安物無線親機でよいのでコスパもよいですね。





2021年03月28日


AirStation WXR-6000AX12S 購入!

5年ほど前に購入したAterm WG2600HPからの乗り換え。

AirStation WXR-6000AX12Sは今市販されている機器の中でも最高峰の製品です。

11ax対応と、無線LAN機能ならば、同等レベルの製品はいくつもありますが、
10GbE×2はほかにはありません。

ソフトウェア的にも一通り、ルータの運用に困るような感じではなさそうで不自由はありません。
(以前、中継用に購入したWRC-733GHBKは比較的安かったけど、静的ルーティングもできずに困った)

無線LANの性能は、、intel 200AXのNICからアクセスして、500Mbpsくらいの速度が出ました。(近くで)
iperfコマンドで測定しているので、多分、ちゃんとはかれているはず。(優先だと、1Gbpsちかく出てるし)
全体的にみても、今までの倍くらいの速度が出るようになった印象です。


あと、インターネット接続については、
「OCNバーチャルコネクトモード」での接続ができるようになったため、
なんとなく早くなった気がします。
ただ、なぜか、手動での接続、IPv4での接続ができないため比較できません。
WXR-6000AX12Sでの手動でのipv4での接続設定がうまくいきません。。。

仕方なく、自動で、OCNバーチャルコネクトモードでつながっています。
(ベストなんだけど、釈然としない)


さすが高かっただけあって、満足度は高いです。
ただ、設定をするたびに再起動とかが発生するのですが、その待ち時間、再起動の時間が長い。
まあ、最初だけなのでいいのですが。

このルータはおすすめです。10GbE搭載なので、長く使えるはずです。




2021年03月17日


次へ