趣味のプログラム工房

ハードウェア

VirtualBox ネットワーク性能

2.5GbEのNICが手に入ったので、VirtualBox上に構築しているルータ兼FW(sophos FW)で利用できるのか実験。

うまくいけば、2.5GbE対応ルータ・SWが構築できるともくろんでいたのですが、、、
そもそも、VirtualBoxでのネットワーク性能が低すぎて検証ができず。

PC間直結だと、2Gbps以上の速度が出るのですが、
FW(virtualbox)を通すと、360Mbps程度となってしまう。。。
仮想ではなく、物理で組まないとだめなのかな。
ただ、それだとドライバの問題的に、2.5GbEのNICが使えない可能が高く、
なかなか試せない状況です。

一応、アダプタータイプは、準仮想化ネットワーク (virtio-net)を選んでいますが、そこまで性能は上がらず。(他と比べると、2割くらいは早いが)

2020年10月11日


RTL8125 2.5GbE 導入!(部分的に)

RTL8125チップ搭載 2.5GbE対応のNICを購入したので早速実験です。


(別製品の変な箱に入って到着しました。)

今回、同NICを2枚購入したので、それぞれ2台のPCに刺しました。
Windows10のPCはあっさりと認識したのですが、
Linuxについては、認識せず、公式サイトからドライバを落とそうとするも、
kernel 5.6以上が必要といわれる。。。
というわけで、kernel 5.6をアップグレードしたところ、無事認識。
(その裏でカーネルアップグレードによる各種弊害もあったのですが。。。)


iperf2でパフォーマンスを測定した結果、約2Gbpsという結果になりました。
(サーバとクライアントは直結。ケーブルもcat7を謳うエレコム製)

サーバ間のファイル転送速度でもだいたい1.5倍ほどになりました。
まあ、こんなもんですかね。


10GbEはまだ高い。NICはあっても、家庭向けのスイッチがないのでネットワークが組めないということで今回部分的に、2.5GbEの導入ですが、普及まではもうちょっと時間かかりそうですね。





2020年10月11日


Chuwi LarkBox 到着!

クラウドファンディングで申し込んでいた「Chuwi LarkBox」が到着しました。



小さいのは知っていましたが、、実際に見るとかなり小さいです。




最初からWindows10が入っているので、電源を入れれば一応、すぐ使い始めることができます。(初期設定は必要ですが)

適当に設定してたらキーボードが英語配列になって、ちょっと困った。
設定がわかりづらいです。(windows10の問題)


普通に4wほどの電力で動くみたい。
すげー、、、。

CPUはCeleron J4115が搭載されています。
性能的にみると、下の中~上。
まあ、今のご時世、普通に使えます。
というか、私がメインで使ってるPCはPentium G5400ですが、
ベンチマークで測ってみたところ、それよりも、若干性能が落ちるくらい。

ゲームにはどちらにしても性能足りないので、普通に使う分にはあんまり変わらないレベル。
ディスクアクセスもeMMCですが、それほど気になりません。

ノートPCの下位ラインに使われる、N4100よりも少し上くらいですかね。

電源はTYPE-Cインタフェースですが、別にPDに対応しているわけではなく、
よく意味が分かりません。。。(12V固定での給電なので、QCとかスマホに使うアダプタではだめっぽい)


ただ、例によって使い道。。。
買ったはいいけど、どう使おう。



2020年08月29日


ウッドコーンスピーカー購入! EX-S1

最近は在宅勤務なので、家で音楽を流しながら仕事をしているのですが、
それ用に2chのスピーカーが欲しくて、
EX-S1」のウッドコーンのスピーカーだけ購入しました。

中古のエントリークラスのスピーカーなのに、お値段は、4000円もしてしまった。

ウッドスピーカーに拘らなければ、中古なら、もっと定価の高いスピーカーもあったと思うのですが、ウッドコーンスピーカーに前々から興味があり、つい買ってしまいました。


構成は、
Raspberry pi → NFJ PCM5101A搭載I2S DAC → TPA3116D2アンプ
EX-S1 ウッドコーンスピーカー
⇒YAMAHA サブウーファー

Onkyo TX-NR636もあるけど、仕事しながら聞き流す感じであれば、
こっちのほうが使い勝手が良いです。


さて、ウッドコーンスピーカーの音ですが、
安いスピーカーですが、普通にいいですね。

音の伸びというか、響きがいいんですが、それでいて音の分離も申し分ない。
うん、音の分離がいいです。

書斎の机の上に置いて鳴らすには、これくらいコンパクトは逆にありがたい。
私の用途にピッタリはまったスピーカーでした。
この使い方なら、これはかなりおすすめ。



2020年07月02日


新型極小PC「Chuwi LarkBox」に出資しました

クラウドファンディングが開始されている、新型極小PC「Chuwi LarkBox」に出資しました。

ちなみに、Chromeからだと決済がうまくできなかった。

LarkBoxはリンゴより小さい、PC


■スペック
OS:Windows10 Home/Linux
CPU:Intel® Celeron N4115
GPU:UHD Graphics 600
RAM:6GB LPDDR4
ストレージ:128GB eMMC
サイズ:61x61x43(H)mm
重量:127g
Wi-Fi:802.11a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:5.1
インターフェース:USB-A 3.0×2、HDMI、Type-C(充電)、128GB Micro SD、3.5mmイヤホンジャック
増設(付属なし): M.2 2242サイズSATA SSD(最大2TB)

約16,000円~なのですが(HKD決済)、これでWindows10プレインストールらしいです。
購入時は、値段的にOSなしだと思っていましたが、うれしい誤算

M.2インタフェースは、SATAかぁ。
NVMeならもっと早いし、早くなくてもいいから、PCI-Eが使えるのでもっと遊べたのですが、、、残念。

2020年06月27日


ThinkCentre M75q-1 Tiny 安いから欲しくなっちゃう

現在、M715q Tinyという少し前のモデルを使っていますが、
新しいM75q-1 Tinyは、CPUの世代が新しくなって、インタフェースも少し変更されて使いやすくなっています。

CPUは一番人気があるであろうパフォーマンスモデルが、
Ryzen5 Pro 2400GE → 3400GE
性能的には1割程度はアップしているようです。

それよりもインタフェースの変更が大きいです。

まず、M715qではHDMIがオプションでDisplayPort2個が標準だったのですが、
M75qではそれぞれ1つずつになっています。
フロントのUSBの一つが、Type-Cに変更。
あと、リアのインタフェース追加用のパネル抜きが出来そうなのがいいですね。
内部から外への配線がやりやすいです。
例えば、内部に追加したWIFIカードのアンテナを外に出す穴とか。
PCIe NVMe/M.2をライザーケーブルで外に出して、PCIeカードを追加するとか。

値段も安いし、欲しいです。

2020年06月07日


子供用にNintendo Switch Proコントローラ

Nintendo SwitchのJoy-Conは非常に壊れやすいので、普段使いには互換コントローラーを使ってほしいと思い、下の安いのを購入したのですが、子供の手には少し大きすぎたみたい。


Nintendo Swith用 ワイヤレス コントローラー


というわけで、追加で購入したのがこれ、


ただ、一番利用頻度が高いのが、PCでのマイクラという。。。
キーボードでやるより断然使いやすいです。


2020年04月26日


在宅勤務対応 ディスプレイを追加購入 その2

前回、据え置き用にディスプレイを1台購入しましたが、
追加でさらにもういっこ購入。



モバイルディスプレイで、
Type-C接続と、miniHDMIでの接続をサポートしています。
Type-C接続なら給電と映像と1本で接続できるみたいですが対応機器はないので検証できていません。

商品説明に書いてあることはできますが、それ以外の使い勝手として、
電源スイッチの反応はちょっと鈍い。
すぐ映像は映らない感じ。

あと、ノイズがひどい。
明るさを最大にしないと、なぜか、ホワイトノイズのような音が結構大きく聞こえます。
なので、基本明るさ最大で使うことになります。


使ってないけど、スピーカーもついてます。
スタンドも普通に使えるし、画質も特に文句はないです。
値段を考えると、結構いいと思います。

あと、スイッチも普通に使えました。

2020年04月21日


在宅勤務対応 ディスプレイを追加購入

会社からノートPCを持ち帰り在宅勤務となりました。

そのため、ノートPCだけでは効率が悪いので、追加でディスプレイを購入。



ちょっとお値段はするのですが、スリムベゼルで、23インチクラス、
納期が早くて、VESAマウント対応を考えるとこれになりました。

欠点としては、少し重いことと、ディスプレイの角度調整が弱い。
上下は少し角度変えられますが、左右は本体を動かすしかないです。
あと、水平方向が傾いているように見える。。。
多分、2画面で使っており、斜め方向から見ているためだと思うのですが、、、
水平も調整できるといいかなぁ。
VESAマウントにすればそれも解決するのかな??


他、ASUSの安くて軽くて薄いのもありましたが、VESA対応でなく、納期もかかったので止めました。




2020年04月19日


openwrtでax200の利用、、、失敗

openwrtの最新版19.07.2をインストールして、intel AX200 WifiカードによるAP化ができないか試してみました。

これも結論から言って失敗。
ただし、まだ見込みはあると思っています。

まず、最新リリース版では、まだデバイスがサポートされていませんでしたが、
対応パッチはあるようなので、そのうち、バージョンアップすれば使えるようになるはず。

とりあえず、デフォルトのバージョンから、対応したバージョンにモジュールを入れ替える方法がわからず断念しました。

AX200対応版のパッチ情報はこちら
https://patchwork.ozlabs.org/patch/1209963/



2020年04月06日


次へ