趣味のプログラム工房

インフォメーション

このサイトは管理人の作ったプログラムやソフトウェアを公開し、そのサービスを提供しています。
ぜひご利用ください。

プログラム紹介

UPNP(DLNA) メディアコントローラー:MediConWEB

UPNP(DLNA)用メディアコントローラーのWEBアプリです。 Perl、WEB上で動作します。
本WEBアプリは、同一ネットワーク上にある、UPNP機器を検出し、 その中から、メディアサーバとメディアレンダラーを選択して、 メディアサーバのファイルをメディアレンダラーで再生させることができます。


ブログ

Amazon Fire TV にKODIをインストール+Chinacu

Amazon Fire TVKODIをインストールし、かつChinacuのTVを見れるようにしてみました。
Harekaze/pvr.chinachu」です。


普通に「Harekaze/pvr.chinachu」を導入しようとするとエラーとなりました。
Fire TV上のKODIでHarekazeは動きませんでした。

が、以下の方法で動くようになりました。
まず、それぞれのパッケージをダウンロード。

で拡張子をzipに変えて、解凍。
KODIのなかに、Harekazeを埋め込み、再度圧縮。
圧縮ファイルの拡張子をapkに戻す。
「jarsigner」というコマンドにてapkパッケージに対して署名。

このパッケージをFire TVにインストールで使えるようになりました。

が性能的問題か、結構かくかく。
あんまり使えませんでした。。。。

次の最新のFire TVに期待です。



2018年10月17日


Raspberry pi3 でmpeg2ハードウェアデコーダのライセンスは不要?

Raspberry pi3にてKODIでmpeg2ハードウェアデコーダライセンスキーなしの状態で地デジの動画再生していますが、普通に再生できるんですよね。

CPU使用率は40%程度(ファンつけてないと、熱で落ちますが)


ライセンスキーがないと、カクカクする、再生できないというサイトもありますが、
割と普通に再生できている感じなんですよね。。。
CPU使用率も振り切ってはいないですし。

ソフトウェアデコーダだけでなんとかなっている感じ?
正直よくわからない。。。


ただ、youtubeの4k動画を再生したところいきなり振り切った!
カクカク。
動画形式もwebmだったからかなぁ。。
そもそも、出力するモニターが4k対応じゃないのと、HDMIケーブルも4k対応じゃないので内部的にどうなってるのかわからないので何とも言えないのですが、、、

ほかの2k、4k動画を再生したところ、画像が乱れた。

2018年10月14日


raspberry pi3用にUSB電源のファン

raspberry pi3用にUSB電源のファンを購入しました。


ファン付きのケースや、GPIOの電源からのファンもありますが、
それだと、GPIOのボードが接続できなくなるなど使い勝手悪いため、USB電源のものを購入。


AC Infinity MULTIFAN S1 静音 80mm USB 冷却ファン

購入したのは80mmですが、ちょっと大きかったかんぁ。。。
40mmのタイプでもよかったかも。

一応、KODIで動かしても、CPU温度は44度で安定
熱暴走で落ちることもなくなりました。

2018年10月13日


Amazon Fire HDでロック画面を無効化[keyguard無効化]

FireHDのスマートディスプレイ化に当たって、
使ってないときはディスプレイオフにして省エネ化にしたい。
でも復帰時はすぐに使えるように、ロック画面を無効化したいと思うわけです。

ロック画面のことは、keyguardと言うらしく、FireHDの場合は、デフォルトでスライドロックとなっています。


で、これを回避する方法ですが、、、いろいろと試したのですが、
結論としては回避不可!

「Delayed Lock」とか「No Lock」、「Secure Settings」とか使ってみましたが、実現できませんでした。
あと、自分でもアプリを作ってみましたが、その方法もうまくいきませんでした。

どうも、FireHDのロック画面は特殊みたい。
Taskerでポップアップをロック画面の上に表示する機能もあるのですが、それも利きません。
自分で作ったアプリでも同様。


というわけなので、結局ロック画面を無効化するには、、、
ロックされないようにするということで、開発者オプションで
「充電中は画面をスリープモードにしない」にするしかないようです。




2018年10月02日


AutoRemoteとTasker連携 うまく行かない問題

AutoRemoteTasker連携がうまくいかない問題発生。

サーバからのAutoRemoteAndroidタブレットで受けてTaskerへ連携している中での問題です。
問題は2つあって、
①URL連携問題
サーバからはURLを飛ばしていて、それをAutoRemote⇒Tasker⇒自作の専用ブラウザとしているのですが、、、
URLの場合、AutoRemoteが勝手に処理して勝手にURLを処理しようとして、後続へうまく連携されない。
Shareの設定とか色々変えてみても駄目だった。

②Taskerへうまく連携されない問題
サーバからAutoRemoteへは値が渡ってきて処理をしているのですが、それがTaskerへつながっていない。
まったくつながらないわけではなく、5回に1回とかすごい精度が悪い。。。


結局、TaskerとAutoRemoteを再インストールしたらなんかうまくいった感じ。
②についてはURLではなく、サーバから「s://****.jp」や「://****.com」を渡して、Tasker側でhttpと補完することで解決。

うーん、Androidも気分屋のようなこともあるのか。

2018年09月30日


次へ


WEBで計算トレーニング:2バック

DSで有名な鬼トレ2バックをWEB上に再現してみました。


暗号ジェネレータ

mixiで本名を密かに公開してみませんか?
もちろん本名をそのまま載せる訳ではありません。
しかし、わかる人にだけわかるように載せる。
そんなことが出来るプログラムです。

2chにおけるトリップと同じ機能す。
暗号された文字列から暗号前の文字列に復号(復元)することはまず不可能なので安心して使えます。

この機能を使うと、私の本名は NZL0VMtl2iEL4B4rvVIpL. という値になります。
例えば、自分の名前を暗号化しその値を公開します。
そして、「私の名前を暗号化するとこの値になります。」というようにしておけば、 名前を知っている人は、その名前が正しいと確認するとことができます。
間違っていれば間違っていることがわかるが正しい名前はわかりません。



もっと詳しく知りたいのなら暗号ジェネレータのページへ!!


楽天商品 新着エージェント RSS

任意のジャンル、キーワードで楽天の新着商品の情報をRSSで取得することが出来ます。
使い方は欲しい商品をジャンル、キーワードを指定して検索し、そのページに表示されるRSSへのリンクをクリックするだけ!