趣味のプログラム工房

家電

Raspberry Pi4でUSB-OTGを使って、Regzaの外付けHDD化

Raspberry Pi4のUSB OTG機能を使って、ストレージ化しREGZAで認識させられないか。(できたところで使い道は限られますが。。。)

前提条件として、、、
USB OTGの接続には、USB Type-Cのインタフェースを使うので、
給電方法にはUSB Type-C以外を考える必要があります。
(テレビ側から運用に必要な給電はされないため。電力が足りない)

①GPIOの5vピンからの給電
ちょうど、OrangePiが手元にあったので、これを電源に利用しました。
ACアダプタ - OPi - GPIO(5v) - RPi
意外と、ピンから給電するアイテムってないんですよね。



②給電可能なUSBハブを利用
試していないので、なんとも。


設定周りはこちらのサイトを参考に作業しました。
https://linux.yebisu.jp/memo/1160


OSは公式のRaspberry Pi OS (32-bit) with desktop

OS起動後、
USB OTGの有効化「/boot/config.txt」に以下を追記
dtoverlay=dwc2

ディスクのイメージ用のファイルを用意
以下の例ではとりあえずお試しで100MB
cd /
mkdir data
dd if=/dev/zero of=/data/hdd.img bs=100M count=1
どうせ、テレビ側でフォーマットするのでフォーマットは不要です。

③USBストレージにする
g_mass_storage モジュールの読み込みを行います。
sudo modprobe g_mass_storage file=/data/hdd.img stall=0 removable=y


あとは、USB Type-CとRegzaをつなげば完成です。
ちなみに「removable=y」がないと、Regzaではうまく認識できません。
あと、SDカードにてBS4Kを録画したら1か所、ブロックノイズが発生。
スペック的な問題でしょうか。ネットワークディスクを使えば解決しそうな気がします。


これの使い道としては、ディスクイメージ化できたのでバックアップが容易というところでしょうか。


今回購入したのはこれ!
ケースの関係でGPIOの利用にちょっと難あり。。。
それ以外は〇

2020年08月03日


REGZA Z720Xの外付けHDDをコピー(テレビ)

「REGZA HDD Easy Copy」を使うことで簡単、コピーができました。

少なくとも、REGZA Z720Xについては、UUIDのコピーは不要。
あまり意味はないのでやる必要はないです。
というかHDDの管理上やらないほうが良い。


Z720Xの通常録画用のHDDの中には、番組の録画ファイルといくつかの隠しファイルが存在しています。
この二つをコピーすることでディスクの移行が可能です。
番組は一部の移動だけでも可能。

ただし、番組と、ディスクの情報とかいろいろ管理している隠しファイルはセットで持っておく必要があります。


どういうことかというと、
ディスクAに番組1、2、3があったとして、
ディスクBに番組1、2、3を移動(コピーした後、ディスクAの番組を削除)

その後、改めて
ディスクAに番組4,5を録画
それを、ディスクBにコピー、、しても、ディスクBでは、番組4,5は見えません。
なぜなら、ディスクAの隠しファイルの内容と、ディスクBの隠しファイルの内容が異なるため。
仮に、ディスクAの隠しファイルをディスクBにコピーすると、逆にディスクBに移動した、番組1,2,3が見えなくなります。

どうも、テレビで録画とかの番組操作をするごとに、番組ファイルとセットになっている情報ファイルが更新され、隠しファイルと紐づくようになっている。
で、番組のファイルと隠しファイルがうまく紐づかないと見えない仕組み見たい。

なので、別々のディスクで管理された番組はマージできなさそうです。


ただ、これで、定期的にバックアップしておけばディスクの破損には対応できそうです。




2020年07月24日


REGZAテレビの外付けハードディスクが未登録に!

ピンチ!
REGZAテレビの外付けハードディスクがいきなり未登録になった!
昨日まで使えていたハードディスクがいきなり認識されなくなっていて、
繋ぎなおしても、新しいHDDとして認識されて、初期化しないとダメそうな表示が、、、、

とりあえず、USBハブと、延長ケーブルを取っ払って、
HDDを直でつないだところ、認識されるようになりました。。。

なんで? たまたま??

よくわからないけど、とりあえず、USBハブはなしでつなぐことにします。


何はともあれ復活してよかった。。。

2020年07月04日


クレシドラ 在宅のお供にコーヒーメーカー

オシャレで、前々から欲しいと思っていたデロンギのコーヒーメーカー
クレシドラを購入しました。

ネットショップでは売り切れも多かったのですが、ビックカメラの実店舗で購入。


コーヒーメーカーと言ったら、背面のタンクに水を入れてというのが多いですが、これは真上に水を入れる珍しいタイプ。
こっちのほうが、なんとなく衛生的っぽいので、これだ!とおもって購入




前までは、ドリップマイスターという製品を使っていましたが、
これはこれでいいんですが、マグカップ2杯一度に入れるには2回に分けてお湯を注ぐ必要があり面倒。
水じゃなくて、お湯を入れるというのもちょっとね。


で、このクレシドラですが、まあ楽ですね。
水を入れてそれで終わりは楽ですね。(まあ、どのコーヒーメーカーもそうですが)

2杯以上で入れる場合はお勧め。
1度で1杯だけしか出さない場合は、薄くなるので微妙。
でも、濃い目に入れるモードもあるので使い分けでおいしく入れれるのはいいです。




一杯だけならこっちのほうがおすすめかな





2020年06月03日


中華 LCDプロジェクター 色ムラ 筋問題

我が家では、YABER Y31という中華プロジェクターをメインに使っているのですが、起動直後は画面に色ムラとは違う何かが発生するんです。

上下で筋が入ったような境界がわかるくらい色味が変わる。

メーカーからは、LCDの仕様と言われています。。。
が、正直よくわからない。

例えば、価格.comの情報を見ると
BenQのCinePrime HT3550では左右で色が違う現象が発生することがあるらしい。


ただ、このYABER Y31の場合、時間がたつとムラはなくなるっぽい
というわけで、あったまるまでは本領発揮できないようです。

ともかく、壊れているってわけではなさそう?
少し使えば治るならまあいいか。


起動直後は
上下で色が異なっているのがわかります。



24分後
時間がたつと色の違いが治っています。

色味が若干違って見えるのは、スマホのカメラのせいです。
知っての通り、勝手に自動的に絞りとか変わるので、、、
色が変わって消えているように見えるわけではなくて、普通に消えています。



2020年02月09日


REGZA Z720XにAmazon Prime Videoにやってきた

REGZA Z720XのアップデートでAmazon Prime Videoが見れるようになりました。

今までFire TV Stick 4Kで見ていましたが、使い勝手がアップりました!!

というわけで、Fire TV Stick 4Kをテレビではなく、プロジェクターに常時接続して使えるようになった!!
でも画質は、Fire TV Stick 4Kのほうがいいんだろうな。




2020年02月02日


Nintendo Switch Joy-Con修理

壊れやすいとの噂のJoy-Con
案の定壊れたので修理しました。
スティックが勝手に入力される、反応しないなど、よくある症状です。
2年は持たなかったのかな。。。


部品はアマゾンで購入



まあ、比較的あっさりと修理は完了。
これなら、メルカリとかでジャンクで購入して修理しても使えるかなと思うこの頃。

あと、やっぱり、Nintendo SwitchJoy-Con部分は壊れやすいので、
Liteは買えないなと思ったこの頃。(修理ができなさそう)



2020年01月23日


東芝REGZA ブルーレイレコーダー タイムシフトマシン DBR-M3009購入

春に、タイムシフト機能が搭載された東芝の液晶テレビZ720Xを購入したのですが、思いの外、タイムシフトが便利すぎたので、チャンネル数を増やすために追加でタイムシフトマシン搭載のレコーダー DBR-M3009を購入しました。
いわゆるレグザサーバークラスの製品です。

というわけでレビューです。
今まで、レコーダーはDBR-W507を使っていましたが、DBR-M3009は反応がいいですね。
あと、テレビもREGZAを使っているためか、テレビ機能とレコーダーの機能の移動がかなりスムーズ。

■いいところ
①タイムシフトリンク
タイムシフトリンクにより、テレビのタイムシフトの番組表と、レコーダーのタイムシフトの番組表が一枚で見れます。
我が家ではテレビが6chでレコーダーで4chをタイムシフトでとっているので、その10chを一つの画面で見れるのは便利です。

②映像の圧縮
画質を選択して録画可能なので長時間録画ができます。
(テレビのタイムシフトだとDRモードのみ)

タイムシフトマシン専用エンジン「R-2」
録画中に別の操作ができるのは便利。
持ち出しへの変換とか時間かかるのでこれは必須だと思う。
(前の機種DBR-W507では録画中にディスクの移動とかできなかったので不便)


④スマホdeレグザ
スマホで、レコーダーで録画した番組や、リアルタイムで番組が見ることができます。
なので、お風呂にタブレットを持ち込んでや、なんと外出先からも見れるのでとても便利。
しかも、画質(ビットレート)も調整できるので、あらかじめエンコードしておく必要がないというのは非常にありがたい。
外出先からも自宅のDBR-M3009につないでみることができる!!
しかも、ついこの間まで、有料・サブスク的なお金がかかっていた機能だと思いましたが、いつの間に無料で使えるようになったのでしょう。。。
便利です。



■いまいちなところ
①USB端子が少ない。
端子が2つしかなく、接続する端子によって用途が決まっているので微妙。
タイムシフトのチューナー1~4、5~7でUSB1とUSB2を分けるのは許せるにしても、だったらせめて、保存用のUSBを接続する端子をもう1つほしいです。
②DRモードで保存できるのは、チューナー5~7だけ。
③持ち出し変換に時間がかかる。
番組1時間当たり、3時間以上はかかった気がします。
④テレビとの連携が微妙?
テレビの番組表に、レコーダー(DBR-M3009)でタイムシフトで設定した番組を表示できるんですが、レコーダーで撮った番組を選択しtもうまく再生されないときがある。。。


■もう一歩!(仕様的に仕方ない部分だけど)
①シーン検索がない。
テレビではあるシーン検索がないのはもうちょっと!
マジックキャプチャーはあるんですけどね。
②4K非対応
まあ、4Kでタイムシフトして見たい局はないわけですが。。。


■総評
タイムシフトがない人はもちろん、すでにタイムシフト(タイムシフトリンク)機能がある人の増設用にお勧め。
あと、スマホdeレグザが便利すぎます。

チャンネル数と値段的には、パナソニックも選択肢に入りますが、全体的な機能的になんとなく東芝のほうがよさそうな気がします。
まあ、テレビが東芝なので一択ではありますが。
そもそも、パナソニックのホームページにやる気が感じられない。。。



7ch同時録画対応のレグザタイムシフトマシン



2020年01月04日


プロジェクターはLCDよりDLP!

今回、YABER Y31というモデルのLCD方式のフルHDのプロジェクターを購入したのですが、
ここ3週間くらい使ってみた結果、やっぱり前のDLP方式の1280×800プロジェクターのほうが良いという結論になりました。

フルHDのプロジェクターより1280×800のプロジェクターが良いとなった理由ですが、
全体的な映像の見た目と、Y31LCDの仕様です。

Y31で気になった点として、映像の上半分とした半分で明るさが異なる点。
半分で境界ができるくらい違うんです。
→いつの間にか直っていました。
メーカーに確認したところ、LCDの仕様とのこと。
気になるのなら、より高級なDLPタイプのプロジェクターの購入を検討しろとメールが返ってきました。('Д')
どういう理由かは不明です。初期不良の可能性も高い気がしますが、、、
(真ん中が明るくて、端が暗いとかならわかるのですが、、、)

あと、全体的に、映像にメリハリがない。
ピントが合ってないわけではないと思うのですがいまいち。
細かい映像は、解像度が低いDLPのほうが潰れるし、フルHDのLCDのほうがはっきり描写され、
解像度自体は間違いなくフルHDのほうが高く、細かい映像はきれいに見えるのですが、画にもよりますが、アニメとかそこまで細かい描写が必要ないものについては、圧倒的にDLPのほうがきれいに見えます。
静止画ならともかく、動画なら、もともと持っていたDLPのほうがきれい。

うーん、せっかく買ったのに残念。
解像度の差が、画の美しさの絶対的差ではないということですね。
コントラスト、明るさ共にDLPのほうが勝っていて、映像にも欠点がより少ない
(LCDは真ん中で明るさの差で上下の境界ができる)
値段相応ということですかね。(解像度は低くても、DLPの方がちょっと高い)


私が使っているDLPプロジェクターは、
Excelvan DLP 800WM」ですが、アマゾンでは売り切れ(AliExpressならあるっぽい)
近い性能だと、これでしょうか

安い液晶タイプよりDLPタイプのほうがおすすめです。
フルHDというスペックよりも、そのほかのつくりも重要ということが分かったプロジェクターでした。

あと、最近AVレシーバー(7.2chAVアンプ)を買ったのですが、
マジおすすめ。プロジェクターがあって、これがないのは損をしています。

最近、一段と安くなった印象。

2019年11月14日


中華プロジェクター YABER Y31レビュー

YABERというメーカーの中華プロジェクター Y31を購入しました。
販売価格31,800円の5,000円クーポン
レビューでさらにおまけ(5,000円相当)がつくようです。

ポイントは、
ネイティブ解像度がFull HD(1920*1080)
投影距離:3.3m 100インチ(16:9表示時)
5500ルーメン
コントラスト:7000:1
あくまでカタログスペックですが。。。

まあ、解像度と、投影距離はおそらく正しいでしょう。

解像度も自前で、1ピクセルごとに白黒の線を引いた画像を用意してチェックしましたが、一面真っ黒や真っ白に映ることはなく、ちゃんと表示されていたので間引きされておらず、ちゃんとフルHDでした。

以前使っていた、DLP-800WMからの比較ですが、
(参考:ANSI400ルーメン、解像度1280*800、DLP方式、コントラスト10000:1)

概要として
明るさは、変わらないか、DLP-800WMのほうが明るい。
ただ、黒の沈みはYABER Y31のほうが良い。
コントラストはたぶんDLP-800WMのほうが高い。
投影距離はDLP-800WMのほうが短い=同じ距離でも画面が大きい。
解像度はY31のほうが高くピントがはっきりしている。
DLP方式特有の格子は表示されないのは◎
音質は間違いなく向上、◎
ファン音も大きさの割に〇

、、うーん。
■画質
1280*800→1920*1080にアップルグレードしたのですが、
地デジや、BSの2K映像を見てみますがあまり変わらない気がする。。。
DLP方式に比べ、コントラストが低いためか、色がつぶれる箇所があり、解像度が生かせていない。
明確に勝っているのは、意外と黒の沈みですかね。
あと、ピンとボケも少ないです。
以前の機種は、端の方でどうしてもピントが合わずぼけていましたが、
今回のYABER Y31ではしっかり合わせることができます。
PCの画面とかであれば、解像度が高いので、文字の潰れもなくきれいに写せるのですが、映像だと前の機種と比べそこまで優位は感じられません。

あと、もともとそこまでは気になっていませんでしたが、拡大したときに出ていた、DLPの格子がなくなったのはまあいいかな。

4D補正はデジタルなので、やるとジャギーが出たり、画質が落ちるので使わないほうが良い。

あと、地デジを見るのならば、フルHDでなくても、1280*800のDLPでも十分というか、見た目は全然変わりません。
そもそも、地デジは、1440*1080なのでいずれにしても、ズームが入るんですよね。
しかも、整数倍ではないので、きれいに補正ができないため、どちらも微妙な結果。
あと、やっぱりテレビと比べてはだめ。
あっちは、各社が優秀な画像処理エンジンを積んでいるので、かなりきれいになっています。


■音質
音は結構いいです。
特に高音はいいです。中低音は微妙。
ただプロジェクター単体でも十分使える音を出してくれてると思います。
少なくとも前の機種よりは。


■機能的
手動での台形補正は光学的な補正なので、ありです。(前の機種はなかった)
ただい、逆に、光学的な補正(内部でレンズ?ミラー?を傾けている)ため、ピントが上下でズレるので使い方が難しい。


■その他
ファンの音は大きくなった気がします。
明るさによりますかね。
投影距離が伸びました。地味に痛い。
同じ距離でも、以前は横幅、1.75mだったのが、1.55mくらいになりました。
画質等については、方式の違いが出ている気がしますが、その他のつくりなどは、結構いいと思います。



少しでも距離を稼ぐために、縦置きにして、ミラーで反射しています。
これで1.7mくらいの大きさになりました。
ただ、ピンと調整がものすごいシビア。
私はミラーとレンズの距離、ピントのダイヤルでの調整で2時間かかりました。。。

あと、レンズから余計な光が漏れるのか、製品のレンズの調整が甘いのか

こんな感じに外側に残像っぽいのが流れます。(手振れではありません)


対策として、レンズにフィルター(笑)をつけることで改善されます。(紙を載せているだけ)
やりすぎると画面が暗くなるので注意


結局は値段相応ですかね。



追加レビュー
プロジェクターはLCDよりDLP!

今まで使っていたもの、参考


2019年10月21日


次へ