趣味のプログラム工房

Aladeng スマートウォッチ [android]

最近購入したスマートウォッチ!
かなり満足、使い勝手文句なしの製品を手に入れたのでご紹介です。



AmazonではFINK TIMEとかLolukaとかDTTKKUEって色々なブランドで出ていますが、たぶん同じ系列の商品です。
子供用の見守りスマートウォッチとして、Aladengというアプリが入ったシリーズで、バンドにAladengと記載があります。

感じ近いのはこれかな?


この商品、スペックの違いでいくつかの商品があるので要注意。
違う部分としては、OS・・android4.4と9のものがあります。
上の商品のようなベルトタイプ、、もしくは、上の商品は上のベルトに4つの穴(色のついた部分:スピーカーの穴)が3つのタイプはandroid 9だと思われる。
あとは、メモリとCPU。
メモリは、512MBと、1GB。CPUは2コアと、4コアの商品があるようです。
上でリンクしているのは、一番いいモデル。
私が購入したのもこのスペックです。


android搭載で、それ単体でも使える防水のスマートウォッチということで、購入しました。
ぶっちゃけ超小型のスマホです。

◆ベース機能
何もアプリを入れていない素の製品でのレビューです。
この製品のメインは子供の見守り用のスマートウォッチで、連携させた親のスマホでの位置情報の確認やメッセージのやり取りSMS、通話ができるようになっています。
設定から日本語は可能。
あと日本語キーボードの追加もやったほうが良いでしょう。

が、この製品、メインとなるAladengアプリでの位置情報、SMS、通話など、これらの機能を使うにはSIMが必須
しかも、日本の通信SIMの情報が初期登録されているわけでもないため、APN情報も手入力が必要です。
使うまでのハードルがちょっと高い。

一応、OCNの通話SIMにて位置情報、メッセージ、通話は確認しました。
基本的なところはちゃんと使え、思ったよりまともに動きます。
コスパはかなり高いと思う。
ただ、SIMを抜くとどれも機能せず。
位置情報ですらも、wifiでは更新されないようです。


◆カスタマイズ・変更
正直ここからが本番!!
私的には、防水でウェアラブルなスマートフォン的なものが欲しいのです。
(子供の見守りは割とどうでもいいけど、、一応後で補足あり)

この製品は、android9WatchOSという独自のホームアプリを被せた代物です。
Google Playも最初ら入っているので、画面が小さいことに起因する操作性に目をつむれば、普通のアプリがインストールできます!!
初期に入っているWatchOSはバッサリ切り捨て、Nova Launcherを使うのが良いと思います。(普段からスマホでメインに使っているホームアプリ)
なお、導入時のポイントとしては、設定でフォントサイズを小さくしてください。
デフォルトのまま使うと、ディスプレイの小ささに見切れてOKボタンが押せない場合が多々あります。
私は、Nova Launcherに、時計のウィジェットを表示させて、ホームにして使っています。
あと、画面が小さいので、ドックはなしにして利用。



Nova Launcher利用時の注意点として、どうも、、WatchOS以外を利用しているときは、電源ボタンでの画面オフが効かない。
時間での画面オフしかないようです。(あとは画面オフにするアプリ入れるか)
android標準の通知クイック設定の挙動が変。
意外にも、WatchOSの上から下へのスライドで表示されるクイック設定の画面は使いやすかったのですが、標準のはうまく使えません。
というわけで、その代わりに、「Bottom Quick Settings」というアプリを導入。正直、これ一択。これ以外の選択肢がないというくらい、優秀。
逆に他は全然使えません。

これで、スマホとしての使用感は格段に向上!!

私はこれで、お風呂で音楽を聴く!!
お風呂に防水のブルートゥーススピーカーを持ち込んでスマートウォッチで操作して快適なお風呂ライフを満喫するんです。
音楽の再生には「BubbleUPnP」を利用。DLNAで家のサーバにある音楽を再生するためのソフト。
あとは、Youtubeですかね。
好きにアプリが入れられるのはandroidが入っているこのスマートウォッチの大きな特徴ですね。(ほかの1万円台以下の機種でもDLNAに対応できるのはほとんどないと思われる)

これで最高のガジェット完成!
カクつくとか、詰まるとかない。そもそもスマートウォッチで重い処理をしないので、性能にも不自由ありません。


で、補足
また、ホームアプリを変更することで、androidの設定メニューが見るようになります。
子供の居場所を探すだけなら、android標準の「スマホを探す」の機能でスマホの場所がわかるのですが、、このスマートウォッチの標準ではこの機能がオフになっていて、実は使えない。
設定からいじる必要があるのですが、ホームアプリを変更していないWatchOSの設定では、スマホを探すを有効にするメニューが出ていないんですよね。。。
というわけで、Novaに変えることで、子供の居場所確認にも対応するようになります。


ちなみに、この価格帯で、SIMが刺せてAndroidが入ったスマートウォッチはほかにありません。単体で使えるのはこれだけです!
(ほかの安いスマートウォッチはスマホと設置じゃないと使い物にならない代物)


2020年12月16日