趣味のプログラム工房

ThinkCentre M75q-1 Tiny 安いから欲しくなっちゃう

現在、M715q Tinyという少し前のモデルを使っていますが、
新しいM75q-1 Tinyは、CPUの世代が新しくなって、インタフェースも少し変更されて使いやすくなっています。

CPUは一番人気があるであろうパフォーマンスモデルが、
Ryzen5 Pro 2400GE → 3400GE
性能的には1割程度はアップしているようです。

それよりもインタフェースの変更が大きいです。

まず、M715qではHDMIがオプションでDisplayPort2個が標準だったのですが、
M75qではそれぞれ1つずつになっています。
フロントのUSBの一つが、Type-Cに変更。
あと、リアのインタフェース追加用のパネル抜きが出来そうなのがいいですね。
内部から外への配線がやりやすいです。
例えば、内部に追加したWIFIカードのアンテナを外に出す穴とか。
PCIe NVMe/M.2をライザーケーブルで外に出して、PCIeカードを追加するとか。

値段も安いし、欲しいです。

2020年06月07日