趣味のプログラム工房

Hyper-V Server 2019をインストール

無料で使えるハイパーバイザ型の仮想化ソフトということで、
Hyper-V 2019をインストールしてみました。

でも、インストールではまりました。
いきなり、「メディアドライバーがありません」って怒られて、インストールが進まない事態。。。

原因がよくわかりませんが、Hyper-V 2019のブートメディアのUSBへの書き込みが壊れていた説が濃厚。
USBに焼き直したらうまくいくようになりました。

その後、別マシンとの接続にまたハマった。
別のマシンのWindows10からHyper-V マネージャーから操作をしたいのですが、
設定がめんどくさいです。
セキュリティー厳しすぎじゃないですかね。


それよりも、「Windows Admin Center」というソフトで管理するのが一番便利です。



インストールは、USBメモリに書き込んだISOファイルからやったのですが、
メモリが途中からフォーマットできなくなって買いなおした・・・。


でも、OS標準のdiskpartではなく、「EaseUS Partition Master」を使ったらフォーマットできたので、無駄な買い物をしてしまったかも。


2019年09月23日