趣味のプログラム工房

VirtualBoxとVMware Player比較[Haswell]

HaswellのCUPが仮想環境でどうなのかという性能の比較です。
ベンチマークは「CrystalMark 2004R3」にて実施。

実機(core i5 4670 4コア駆動)では、
CrystalMark : 284193
[ ALU ] 86485
[ FPU ] 77664
[ MEM ] 57849
[ HDD ] 13539
[ GDI ] 24030
[ D2D ] 8435
[ OGL ] 16191

VirtualBox(1コア駆動)
CrystalMark : 123836
[ ALU ] 21662
[ FPU ] 17519
[ MEM ] 38394
[ HDD ] 3173
[ GDI ] 7944
[ D2D ] 19153
[ OGL ] 15991

VMware(1コア駆動)
CrystalMark : 121638
[ ALU ] 21654
[ FPU ] 17407
[ MEM ] 38484
[ HDD ] 26009
[ GDI ] 13128
[ D2D ] 2046
[ OGL ] 2910

CPUの演算、メモリ部分は冗談じゃなく誤差レベル。
順当に1コアでのスコア(実機の4分の1)であり、オーバーヘッドがほどんど感じられない。
大きな差がついたのは、グラフィック部分。
とくに、VirtualBoxのD2Dが実機以上のスコアってどういうことだ?
だいぶコマ落ちしてるみたいなんだけど、、、

ちなみに、モンハンベンチ。
VirtualBoxは微妙。色もおかしい。十分ゲームができるレベルにない。
対して、VMwareはというと、普通に動く。
800・600でスコア4200。
3D性能はVMwareの圧勝でした。

正直想像以上。

2013年06月09日