趣味のプログラム工房

Ubuntu 11.10でGNOME Classicでログイン

新しいUbuntuのインターフェース(Unity)が使いにくい、特に「Unity Dash」の使いにくさは異常。
ソフトウェアセンターからインストールしたソフトが探せないことも多々。
というか、ソフトウェアセンターに表示されている名前で検索できないとかどういうこと?
別の名前じゃないと検索に引っかからないこともしばしば、、、
と、それはおいておいて、インターフェースです。


というわけで、昔のインターフェースを使いたい人は、gnome-panelをインストールすればログイン時に「GNOME Classic」を選択することができるようになります。
(Fallback Mode:フェールバックモードというらしいです)

あと、個人的には左側のランチャーは便利なのでこれは残すようにしました。
ランチャーの設定は、「自動起動するアプリケーションの設定」で「unity-2d-launcher」をスタートアップ時に起動するようにするだけです。

設定後のデスクトップ


と、メインメニューとDashの両方を使える環境が出来上がり。


ちなみに、上部のGnome Classicのパネルというか、Gnome Shellの設定方法は「Altを押しながらパネルを右クリック」だ。(デフォルトでは時計がセンターに表示されてます。)

2012年02月10日