趣味のプログラム工房

USBへCentOS6インストール

記録メディアUSBメモリのみ(SSD、HDD、光メディア無し)というPCを作ったので、そこにCentOSを入れてみた!時のメモ


USBを2つ用意し、ひとつはインストール元(4GB)、もうひとつはインストール先(8GB)とする。

まず、インストール用のISOファイルをダウンロードしてくるのだが、これが4GBちかい容量がある。
しかし、これでは4GのUSBに入らない。

そこで、今回はネットワークインストール機能を使い、インターネット経由でインストールすることにしました。

とりあえず、ネットワークインストール用のイメージをダウンロード
ファイル名はこんな感じ→CentOS-6.0-i386-netinstall.iso
さらに、これをUSB bootできるようにしなければいけないのだが、ソフトによってうまくブートできないみたい。

とりあえず、いくつかのソフトを試したが、唯一成功したのが「DDforWindows」というソフト。
そのほか、Universal-USB、unetbootinといったソフトはダメでした。

あとは、USBからインストールするだけ。


インストール、、いろいろとソフトの更新があったので、アップデートしたら、ブートしなくなりましたが、、、なんかGRUBに変な設定が追加されたらしく設定を削除したら元に戻りました。
更新前にGRUBの設定をバックアップしておくとよいかも。

2011年09月23日