趣味のプログラム工房

Linux

Linux Mintで原因不明のフリーズ

Linux Mintでサーバ運用中、原因不明のフリーズ発生。
気づいたらマシンが止まっていて、仕方なく、電源オフ・オンで再起動。

ログを見て、一番最後のログが、

①mate-screensaver-dialog: pam_ecryptfs: seteuid error
②dbus[964]: [system] Reloaded configuration

うーん、②の方は印象として、無視でよさそうですが、、、
①は何だろう?ってことで調べたのですが、
結果よくわかんない。

海外のフォーラムで、バグという話が出ていたのと、
雰囲気、スクリーンセイバーから復帰時の画面ロックの解除での認証の、、、ところって話もあり(ほんとかどうかはわかりませんが。(英語も読めない))
取り敢えず、スクリーンセイバーに移行しない(画面ロックされない)ように設定を変更。
常に、ログインしっぱなし、認証なし!!という運用に便利な設定にしました。
家の中のマシンなので、セキュリティは無視で!(笑)

しばらく運用続けて様子見ます。

2015年04月20日


xhci_hcd 0000:00:14.0: WARN Event TRB for slot 1 ep 8 with no TDs queued?

LinuxでUSB3.0の機器(私の場合はICカードリーダー)を利用すると、
xhci_hcd 0000:00:14.0: WARN Event TRB for slot 1 ep 8 with no TDs queued?」(syslog)が大量に発生します。


Centosでも、Linux Mintでも両方で起きている(ハードは同じ)ので、原因不明。
Linuxの問題っぽい。

xhciで警告が出ているので、とりあえず、マザーボードでUSB3.0を無効にしたらおさまりました。。。
めったに、USB3.0は使わないし、使っても、まあ、2.0でも何とかなるので困りはしないですが、、、なんだかなぁ。



2015年04月13日


CentOS7 epgrecインストールでハマった

まず、初期設定のstep2.phpが開かない。
で、「/var/log/httpd/error_log」を見ると、
PHP Fatal error: Smarty error: unable to write to $compile_dir '/var/www/html/epgrec/templates_c'. Be sure $compile_dir is writable by the web server user.
とのことで、どうも、templates_cへの書き込み権限がないと言っているような気がする。。。
だが、templates_cは777のパーミッションが与えてあり、それはあり得ない。


原因はSELinux。
とりあえず、無効にしました。。。
しましたが、ここでも躓いた。
最初、「/etc/sysconfig/selinux」に設定を入れていたのですが、これは誤りで、「/etc/selinux/config」に入れるのが正しいみたい。

どおりで、SELinuxを無効にしたはずが、再起動後に復活するはずだ。。。
あと、www-dataのユーザがいなくて、うまく動いてなかったが、
ユーザ作ったらとりあえず、動くようになった。
これでいいのかはよくわかんないけど。

2015年04月05日


starting enable remaining boot-time encrypted block device でハングアップ

Linux Mintにてboot時に、「starting enable remaining boot-time encrypted block device」で止まる現象が発生。
MintでもなるならUbuntuでも出るのかな?

とりあえず、適当に調べたら、
https://bugs.launchpad.net/linuxmint/+bug/1339249
のサイトに「F」キーを押したらいいよって書いてあったので、押してみたら進んだ!!
英語のサイトから、これを読み取れた自分をほめてあげたい!

2015年04月02日


Linux Mint でPT2 録画サーバ

Linux Mint17のMate版でサーバ作成です。
日本のサイトからでなく、本家からのダウンロードです。
(日本版だとが含まれていないコーディックがあるらしい。
というか、今今の最新だとすでに日本サイト化からのダウンロードがなくなっているw)

作るサーバは、今回のメインの目的、PT2の録画サーバです。
といっても、ほとんどは↓のサイトを参考にインストールしただけ。
http://dame-himaryman.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06

linux mint なのでubuntuの手順を参考にしました。
最新のバージョンを使ったりはしましたが、ほとんど手順通りです。

ただ、一か所、mysqlの起動だけが、うまくいかないというのがあったのですが、
ログから調べたところ、init.dでの起動と、Upstartの起動がよくわかんないけど、
競合してたみたいな状況っぽい。
/init.d/mysql start での起動は失敗
service mysql start はOKという状況。
どうも、init.dのスクリプトからの起動と、serviceコマンドを使った起動では
環境変数が違うとのこと。

とりあえず、runlevelが2なのでrc2.dからスクリプトを削除して解決。


先人たちのノウハウのおかげで、思ったよりあっさりできました。


2015年02月07日


RaspberryPiでMPD

久々にRaspberryPiを引っ張り出してきてMPD+USB DACで遊んでみました。

最初、Pidoraを入れたのですが、MPDのパッケージが見つからず断念。
続いてRaspbianを入れて、MPDでならしてみたのですが、やっぱり音質は悪い印象。
やっすーいスピーカーで鳴らしてる感じ。
音が薄いし、ノイズというか掠れる感じ。


で、RaspberryPiのMPD用ディストリビューション「Volumio」を試してみました。
とりあえず、公式からダウンロードして使い始めたのですが、、、
USB DACで音が鳴らない、、、

mpd.confをいろいろ変えたり、そのほかの設定ファイルをいじったりしたのですが、全然音が鳴りません。。。
HDMIやステレオプラグのところからはなります。

そんな感じで半分あきらめていたのですが、なんと、
「yum apt-get upgrade」で更新をかけたら、音が鳴るようになりました!

音は意外にもそれなり。
ただ、Raspbianとは天と地ほどの差があります。
これはもうちょっといじってみたもいいかな?


2014年10月30日


Ubuntuでrootでコマンド実行[メモ]

ubuntuでrootでシェルに入る方法がわからなかったので調べたら、

sudo su
でOKということが分かった、、、
そんなことでかorz

2013年06月17日


LinuxでNTFSの利用

UbuntuNTFSのドライブをマウントして利用しようとしたのですが、結果から言って、まったくつかえねぇー。

マウント自体はできて、ファイルも書き込めるし、読み込めるんですが、、、パーミッションの設定ができない。
ファイルシステムの制限のようです。
そのため、使い勝手が悪い。

具体的にいうと、あるソフトを使おうとしたら、このディレクトリのパーミッションは770にしなさいって怒られた。


そんなわけで、結局、ext4になりました。

2013年06月15日


USBの共有 USBデバイスサーバ! USB Server

基本、LinuxにMPDを入れて音楽を鳴らしているため、そのLinuxマシンにUSB DACとスピーカーを接続しているのですが、メインで使っているWindowsからも音を鳴らしたい時もあるわけです。

だからと言って、わざわざUSBケーブルをさしなおすのもめんどくさいので、なんとかLAN経由でLinuxのUSBデバイスを共有して使えないかと調べたら、ありました。

これがUSB Server for linuxという商品で、Linuxにインストールして使います。

今回、思いっきり下記のサイトを参考にしました。
USBデバイスサーバ ~USB Server for Linux and USB Redirector~

Linux(Fedora17)でやることは
$ wget http://incentivespro.com/usb-server.tar.gz
$ tar zxvf usb-server.tar.gz
$ cd usb-server
$ sudo sh installer.sh install

ソフトは「/usr/local/usb-redirector/bin」にインストールされるので、あとは、コマンドでUSBデバイスをマウントするだけ。
sudo usbsrv -l でデバイスの一覧を表示。
sudo usbsrv -h でヘルプを確認できます。


あとは、Windows用のクライアントソフトに、USB Redirector をインストールします。USB Redirector ClientはNGです。(win→Linuxへの接続ができない)


ちなみに、普通に音はなりました。
まあ、それなりに使えるのではないでしょうか?
ただ、シェアウェアですが、これは高いですよね。。。
1000円台なら考えますが。80ドル近い値段は無理!

2013年01月30日


Raspberry pi 到着!!

6月に注文していたRaspberry piがようやく到着しました!

3000円台のPC(ARM CPUなので厳密にはPCではない)として有名なRaspberry pi。
電源用のケーブルは付属してなかったのですが、とりあえず、スマートフォン用のUSB電源と、ケーブルを仕様。

まず、サイトからOSのダウンロード。
Raspbian “wheezy”の最新版を利用しました。
http://www.raspberrypi.org/downloads
とりあえず、適当に日本語化。


でだ。
誰もが悩むと思いますが、これの使い道。
消費電力が2.5wはかなり魅力的ですが、、、我が家のサーバとしてはFedoraのが1台あるので、今から新しいのをつくろうとも思わないんですよね。

とりあえず、音を鳴らしてみようと、設定を開始。
が、どうしても鳴らない。

イヤホン端子につないで、音源を再生してみますが全然鳴りません。
、、、でしばらくたってから気がついたのですが、HDMIの方から音が出ていたようorz

HDMI出力先の切り替えはこのコマンドみたいです。
$ sudo amixer cset numid=3 1 # Raspberry Pi 内蔵の端子に流す
$ sudo amixer cset numid=3 2 # HDMI に流す

あと、手元にあるUSB DACをつなげてみましたが、若干、ぼやけた印象?
高音部分がかすれるような薄い感じがします。


さて、ほんと何に使おう。



2012年10月14日


前へ 次へ